現代の就職難の背景

現代の就職難の背景には、企業が雇用者側に有利なように労働環境を変化させてきたことが影響しています。
長時間労働を基本として、少ない従業員で仕事をこなすように企業は仕向け続けてきました。
コストカットこのようにすると、採用人数を絞れるので、コストカットができ、労働市場が買手市場になりました。
そして、この結果として企業は安く優秀な社員を採用できて、こき使える環境が出来上がったのです。
サービス残業をなくせば、数多くの雇用が生まれ、企業は採用がしづらくなり、結果として給与が上がることを恐れています。
つまり、サービス残業や長時間労働が就職難を生み出しているのです。
経済が停滞しているという問題もあります。
日本経済は拡大しすぎたので、成長する余地がなくなってしまい、ビジネスチャンスが減少してしまっています。
必要なものは手に入れてしまっているので、これ以上の経済成長はほとんどの日本人にとって必要のないものです。
だから、就職口が増えていかず、就職難を助長させています。
雇用のミスマッチが生じているという問題もあります。
せっかく成長していてビジネスチャンスがある分野があっても、そのニーズに対応できるスキルや能力を持った人材が不足していれば、採用できません。
介護や育児などでは、サービスを受けたい人が多いのに、サービスを提供したがる人がいないという問題も生じており、ミスマッチにより就職難は解消されません。
仕事が賃金の安い新興国へ流れているという問題もあります。
高い賃金の日本で物を作るよりも、海外で作った方が安くなるということで、数多くのメーカーなどが海外進出をしています。
日本の雇用が大幅に減ってしまいますから、このことによっても就職難は引き起こされています。