広告代理店への就職の実態

広告代理店
就職活動はしている方も、これから活動を始める方もいるのではないでしょうか。
広告代理店に就職を検討をされている方がいるはずですが、広告業界と言うと華やかなイメージを持たれている方が多いです。
確かに華やかなイメージはありますが、華やかな分大変仕事がハードであります。
就職活動をしていて学生が広告代理店を志望するのを聞くと、華やかな仕事がしたい理由や、大手であれば給料が高いので高い給料に見合った仕事がしたい理由の人もいるのではないでしょうか。
華やかな分仕事がハードですが、人間には仕事の向き不向きがありますから、転職や女性であれば結婚を機に退社をする人などがいて、10年後も活躍を出来ている人は少なくなっていくのも現実です。
幸い働く事に対して、制度がまだまだ追いついてはいませんが、同じ会社で働けるように広告代理店も制度を整えていっています。
広告代理店は、大手があれば必ず中小もあります。
全員が大手に入れる訳ではないので、小さい所でコツコツ仕事したい学生も理由を持って志望しているはずです。
広告は華やかですが大きい仕事だけをすれば満足ではなくて、小さい仕事や大きい仕事でも広告は広告なので、満足やギャップを捨てて仕事をする事が大変重要です。
学生も就職する為に、ギャップを埋めつつ実際の仕事をインターンシップやアルバイトで経験をする事によって、広告の実際の仕事や流れが解るのではないでしょうか。
これから就職活動を控えている人も既に就職活動をしている人も、全力を出して結果が出るように情報収集や活動をしっかり行なう事です。
勿論、就職する事が全てではないので、ご自身に合った生き方を模索する事が大切ではないでしょうか。